超わかりやすいニュースとFXのバイブルサイト

ブログ

イギリスのEU離脱決定で稼ぐチャンス到来か!?

イギリスのEU離脱(ブレグジット)は1月31日(金)となっています。
先日23日に英議会で決定したEU離脱の関連法案がエリザベス女王によって承認され、今月末の離脱は確実なものとなりました。
離脱案が出て約3年半。

長かったブレグジット問題もようやく終わりです。
ただ、今回の離脱に関して、EU側との調整がついていない部分も多々あり、離脱後もイギリスとEUの協議は続いていきます。
協議は主に通商交渉(貿易に関する交渉)が課題となります。

ブレグジットに関する説明はこちら

2月以降はイギリスとEUの協議に注目

離脱後の協議次第ですが、仮に協議内容がまとまらなかったり、難航してしまうと、

ポンド円は円高/ポンド安となる可能性が高いです。
つまり、売りチャンスです。

逆に順調にまとまっていくと、

ポンド円は円安/ポンド高となる可能性が高いです。
つまり、買いチャンスです。

ブレグジット関連でどれくらい相場が動いてきたのか?

ブレグジットに関するニュースにより、どれくらい相場が動いてきたのかを振り返ってみます。

2016年6月24日
ブレグジットに関する国民投票で、「EU残留」が多数と思われていたが、
結果として「EU離脱」が多数という結果になり、ポンドが大暴落。

高値:160.117円
安値:133.212円
となり、その差は26.905円!

この時、高値で売り注文、安値で買い戻していたのであれば、
64,000円分(10,000ポンド)の取引で、

26.905円×10,000 = 269,050円

1日で269,050円の利益が出た計算になります。


2019年10月10日
EU離脱に関してアイルランド側との協議が行われ、協議結果がイギリスのEU離脱を前進させる内容となった為、ポンド円が急騰。

1週間の値動きは、

安値:130.728円
高値:141.505円
となり、その差は10.777円!
この時、安値で買い注文、高値で売り注文を出していたのであれば、
52,000円分(10,000ポンド)の取引で、

10.777円×10,000 = 107,770円

107,770円の利益が出た計算になります。


このようにブレグジット関連の動き次第で為替相場は大きく動きます。
どちらに動いてもFXでは利益を得る事ができるので、今後も要注目の通貨ですね!

また、今週も離脱前後でポンド円は動く可能性がありますので、しっかりと相場動向を見極めて稼いでいきましょう!

なるほど!と思ったらいいね・シェアして友達に教えてあげよう!
ボス
執筆者:ボス
FXバイボーのボス。FX会社で勤めていた経験もあり、FXに正通している。普段もFXトレードを行っており、プラス収支を叩き出しているが、バーチャル取引では500万円を1億円以上に増やした実績も持つ。