超わかりやすいニュースとFXのバイブルサイト

ブログ

【知ってた速報】安倍政権の踏襲、菅政権誕生へ。

自民党総裁に菅義偉氏が選出され、菅義偉氏は、事実上日本の総理大臣になります。
安倍内閣でずっと官房長官を務めてきた人物で、元号発表時に「令和」の文字を掲げた事から「令和おじさん」なんて呼ばれたりしていますね。

平成おじさんは「小渕恵三」で、総理も務めました。
令和おじさんは「菅義偉」で、総理になりました。

今回は菅総理がどのような人物なのかをクローズアップしていきたいと思います。

民間からの叩き上げの政治家

親や祖父母が政治家で、政治家二世・三世という政治家は数多くいますが、菅総理は完全に民間からの叩き上げの人物です。
つまり、我々一般民と全く同じ土台から、総理の座まで這い上がってきた人物という事ですね。

出身は秋田県で、農家の長男として生まれました。
高校卒業後は東京に状況し、工場で働いたりして、法政大学第二部法学部政治学科に通いました。

卒業後は一般の会社に就職しましたが、1975年に衆議院議長の秘書を紹介され、衆議院議員(自民党)の秘書を務める事になりました。

秘書は11年間務めましたが、その後、横浜市議員に出馬して初当選(1987年)。
ここから菅総理の議員ライフが始まります。

秘書時代の人脈もあるので、横浜市長からも様々な相談を受けていた為、当時は「影の横浜市長」と呼ばれていたようです。

1996年には自民党公認候補として、衆議院議員総選挙に出馬し初当選。
市政から国政への転換です。

2005年に小泉内閣(第三次)にて副総務大臣に就任。
2006年に安倍内閣(第一次)にて総務大臣に就任。

1996年に初当選して10年後には国家中核で総務大臣を務めるってかなりスピード出世ですよね。

そして2012年安倍内閣(第二次)にて内閣官房長官となり、2020年まで勤め上げます。
安倍内閣は歴代最長となりましたが、実は菅氏の内閣官房長官の在職期間も歴代1位となっています。

どんな性格?

菅総理は官房長官時代からもよく分かるのですが、あまり多くの事を語らず必要最低限の発言をする印象がありました。(最近消費税増税の件で口走ってしまい、話題になっていましたが)
慎重で感情的な振る舞いはあまりしないタイプですね。(森友問題の時は記者にちょっと怒ってましたが)

本人曰く、官房長官時代には、
「私は非常に堅物で、ユーモアのない、一つ一つ着実な発言ばかり」
「官房長官の立場もあり嘘や冗談は控えている」
と発言しています。

総理となり、今後はどのような振る舞いになるのか、気になりますね。
総理は国会・外交で激しく戦う必要性もあるので、菅総理がそれに対応できるのか・・というところも気になります。

ちなみに日課は「朝活」だそう。
朝は5時くらいに起床し、柔軟運動・腹筋(100回!)などを行い、30分ほどの散歩をするのが日課だったそうです。
酒は下戸で飲めない。

_人人人人人_
> まじめ <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

菅総理の目指す政策

さて、我々国民にとっては何より大事なのが政策内容です。
菅総理は基本的に安倍政権からの流れを踏襲するものと思われます。

新型コロナ危機への対応
  • 感染対策と経済活動との両立・検査体制を拡充
  • 必要な医療体制の確保・2021年前半までに全国民分のワクチンの確保(ワクチンできてないですが)
  • 持続化給付金などの経済支援を今後も継続して行っていく。(新たな施策は発表されていません)
行政改革
  • 省庁の縦割り体質の打破。
  • 行政手続きのデジタル化推進の為のデジタル庁の創設。
地方創生・雇用への対応
  • 農業改革や観光を政治主導で支援する。
  • 最低賃金の全国的な引き上げを行う。
社会保障制度
  • 保育サービスを拡充(待機児童の解消)
  • 不妊治療の支援拡大(保険適用)
外交・安全保障
  • 日米同盟を基軸とした外交・安全保障政策を展開(継続)
  • 自由で開かれたインド太平洋戦略(中国への牽制含)
  • 拉致問題の解決に向けた取組
  • 憲法改正(9条)

細かなものは他にもありますが、ざっくりと記載すると以上となります。

為替の動きは?

安倍首相が退陣表明をした際は、為替に動きがありましたが、今回はどのようになっているでしょうか?

チャートを見てみると円で囲った箇所が発表前後の時間ですが、円高よりには動いていますが、今回の発表で大きく動いたという感じはありません。

菅氏が当選するというのはすでに予測・確実視されていた事ですので、動きがなくて当然といえば当然ですね。つまり、市場は「折込済み」であったという事です。

なるほど!と思ったらいいね・シェアして友達に教えてあげよう!
ボス
執筆者:ボス
FXバイボーのボス。FX会社で勤めていた経験もあり、FXに正通している。普段もFXトレードを行っており、プラス収支を叩き出しているが、バーチャル取引では500万円を1億円以上に増やした実績も持つ。