超わかりやすいニュースとFXのバイブルサイト

ブログ

クルド人は、なに人?

トルコ軍がシリアにて軍事行動を加速しています。
なぜトルコがシリアで作戦を展開しているかというと、クルド人勢力を攻撃する為です。
クルド人?そんな国あったっけ?ってなりますよね。

今回はクルド人について解説をしていきます。

クルドって国あったっけ?クルド人とは?

クルドという国はなく、クルド人というのは中東に広く分布する、国家を持たない世界最大の民族集団になります。

人口はなんと!2,500万~3,000万人!

想像していたより多いと感じた方も多いのではないでしょうか?

現在のクルド人の多くはトルコ・イラク・イラン・シリアに居住していますが、元々は遊牧民のような生活をしていました。
例えればアメリカ大陸のインディアンのようなものですね。

時代は第一次世界大戦に遡ります。
中学の社会の授業でも習った事のあると思いますが、かつてのトルコはオスマン帝国という名前でした。参考までに当時のオスマン帝国の範囲はだいたい以下の感じです。

現在のシリアやイラクの一部も含めた範囲がオスマン帝国だったわけですね。
現在のような国境になったのは第一次世界大戦後となります。
オスマン帝国は戦争に負け、戦勝国によって解体され、現在のような国境が決められていきました。

しかしその国境の決め方はクルド人の分布を考慮していない決め方だったので、クルド人は現在のようにトルコやシリア、イラクに分断される形となったのです。

つまり、遊牧生活を送っていたクルド人は国境が発生した事により自由に移動ができなくなったという事です。

分断後のクルド人は分断された地域によって、扱いや問題が異なります。
次は分断された地域(トルコ・イラク・イラン・シリア)のクルド人について書いていきたいと思います。

トルコのクルド人

現在は、トルコには1,000万人以上のクルド人が住んでいるのですが、過去にクルド人はトルコでは迫害を受けてきた歴史があります。

クルド人の言葉は禁止され、クルド人の民族衣装を着るのも禁止する等、クルド人としてのアイデンティティを奪ってきました。

迫害されたクルド人は独立を目指して、1978年に反乱を起こします。
武装を行い、クルド労働党(PKK)という名前の組織を作り、反政府活動やゲリラ行為、テロ行為を行なっていきます。

1980〜90年代にはトルコ政府も軍事行動を行い、トルコ北部を舞台に、
トルコ政府 vs PKKの内戦状態となりました。
そしてPKKはトルコ政府からテロ組織認定をされます。

ちなみにクルド人は元々戦闘能力が高く、各国から傭兵としての依頼が来るぐらいの実力を持っている民族です。

1999年にPKKのトップが拘束された事により、活動は一旦落ち着きますが、2004年頃から再度ゲリラ活動が行われるようになりました。

シリアのクルド人

シリアでも同様に、迫害問題があり、トルコのクルド労働党(PKK)の一派としてシリア・クルド民主統一党(PYD)という民主主義を掲げた組織が結成されました。
また、PYDの傘下にクルド人民防衛隊(YPG)という軍事部門を創設しています。

PYDはシリア政府に対してはあまり、過激な行動はあまり行なってはきませんでした。現在はアサド政権はクルド人居住区域からは撤退し、シリア北部の一部地域は実質、クルド人が支配する地域となっています。
ここら辺はシリアの内戦となっているのですが、シリアの事情については別の記事で改めて解説していきたいと思います。

現在のシリアでは、イスラム国の活動が大きくなっており、アサド政権はイスラム国との戦いに比重を割いてきました。
ではクルド人はどうしていたかというと、クルド人が目指す民主主義的な活動とイスラム国の支配的な活動は全くもって異なるため、クルド人もイスラム国と戦ってたのです。

つまり、シリア政府・クルド人の共通の敵としてイスラム国があります。
そのため、両者は時には協力をし合ってイスラム国を倒すために共闘しています。

そしてその戦闘は現在も続いています。
なんだか、アニメや映画でよくありそうな展開ですよね。
昨日の敵は今日の友みたいな。

イラクのクルド人

イラクでも同様です。迫害問題がありました。
クルド人大変ですね。あっちこっちで迫害されまくってます。
もちろん、イラクでもクルド人は自分たちでの自治・独立を求めて活動をしていました。

当時の政権であるフセイン政権から化学兵器などによって虐殺されたという事もありました。

そしてイラン・イラク戦争によって、イラクは敗北。
フセイン政権が消滅した後の大統領は・・・

なんと!クルド人!!!!

クルド人初のイラク大統領が誕生しました。
しかし、その大統領は後に病気にて死去してしまいますが、この大統領の誕生はイラクのクルド人にとって、とても心強い出来事でした。
これを機にクルド人の環境はだいぶ回復しました。

その後、クルド人の独立希望はより強くなり、クルド人自治区では独立を問う住民投票も実施され、独立派が多数となりましたが、同じクルド人問題を抱えるトルコに配慮してイラク政府はそれを承認はしていません。

もし独立を認めてしまえば、隣国トルコ国内でもその動きが活発化する事は目に見えており、そうなるとトルコとの関係性も危うくなりますしね。

イランのクルド人

イランでもクルド人の独立運動はあったのですが、イランの強い抑え込みにより、その運動はあまり活発ではありませんでした。

また、イラン政府としてもクルド人を特別に否定するという事はしてこなかった事が、運動が活発にならない理由でもあります。

イランは多民族国家です。多民族をうまく統一する事を目的としている国家ですので、クルド人に対しても寛容な態度をとっている国なのです。
独立運動に関しては一切認めないようですが。

クルド人にとっては他国と比べて、一番平和に暮らせる国なのかもしれません。

厄介すぎる・・厄介すぎるぜクルド問題・・!

この内容をまとめるにあたって、重要な部分だけを簡潔にまとめていますが、実際はとてもとても複雑です。

現在はこのクルド人問題に対して間接的に欧米やロシアなども絡んでくるので、これは中東だけの問題ではなく、世界的問題と言っても過言ではないでしょう。

ただ、ここを抑えておかないと中東の問題は全くもって理解しづらいものですので、しっかり抑えておきたいところです。

という事で・・

なるほど!と思ったらいいね・シェアして友達に教えてあげよう!
雑話
ボス
執筆者:ボス
FXバイボーのボス。FX会社で勤めていた経験もあり、FXに正通している。普段もFXトレードを行っており、プラス収支を叩き出しているが、バーチャル取引では500万円を1億円以上に増やした実績も持つ。