超わかりやすいニュースとFXのバイブルサイト

ブログ

窓開けと窓埋めって何!?

窓開けとは?

「窓開け」とは、ローソク足とローソク足との間に、隙間が開くこと。
実際のチャートはこんな感じ。

これは別に、チャートが壊れているわけじゃなくて
週末の終値と、週明けの始値の差なんだ。

土日は、為替市場がクローズしちゃうので、チャートの更新がストップする。
でも、海外の一部では、わずかながらも取引はおこなわれているから
もしもその間に、世界の政治経済において大きなニュースとかが発表されると
こんな感じで大きく開いちゃうんだ。

窓埋めとは?

面白いのは、この窓は、約80%の確率で、閉じちゃうってこと。
上の図もそうだけど、数時間後には、週末の終値まで戻ってるでしょ?

理由はいろいろあるけど、大きく開いてしまったために
ロスカットや損切り、または儲けた人は利確するからと言われているよ。

そうなると、この動きを利用しない手はないよね!
実際に、窓埋め戦法専門でトレードしているトレーダーもいるぐらいなんだ。

実例

私カーネルも最近、この戦法を利用して、損切りをうまく回避しました。

①8/29(木)105.890で空売りするも、チャード上昇。
②8/30(金)そのままの状態で、106.281まで上昇し週末クローズ。
 ※この時点で、もし損切りすると−3910円。
③9/1(日)米中ともに、追加関税実施報道あり。
④9/2(月)6:30に、ネット上で105.990まで下がっているのを確認。
⑤9/2(月)7:00に、FX業者OPENと同時に、損切り。−1160円。
⑥すぐに「買い」ボタンぽち。
⑦その後、様子を見ながら、窓埋めまでに+1620円ゲット。

CLOSE 106.281 → OPEN 105.963
ってことは、すぐに切って「買い」ぽちして持っていれば
差額の3180円はゲットできていたことになる!

私は、今回初めて穴埋め戦法に挑んだので、途中でビビって切っちゃった。。

80%の確率なので、しっかり動向を見ながらは必須だけど
稼げるチャンスとしては、かなり確率が高いから、ぜひみんなも挑戦してみて!

なるほど!と思ったらいいね・シェアして友達に教えてあげよう!
雑話
カーネル
執筆者:カーネル
見習いFXトレーダー。相場観も分かっているのか分かっていないのか。トレードスタイルは数pipsで利確するコツコツ型スタイル。