超わかりやすいニュースとFXのバイブルサイト

FXでコツコツお小遣い稼ぎ!

銀行に預けてる場合じゃない!? 年間利益率240%の威力!

「銀行に預金していても、ちっとも増えないしなー。
ちょっとずつでも増やす方法ないかなー」

そう思ったことはないか!?

今回はそんな
「少しずつでも確実に資産を増やしたい」って人にぜひ読んで欲しい記事だ!

1回のトレードで、1〜5銭ずつ稼ぐ!

1〜5銭というのはFXの世界においては、とても小さな変動幅だ。
小さな変動幅だからこそ、よく発生する変動幅とも言える。
以下のチャートを見てもらえれば一目瞭然!

米ドル円の1分間隔のチャート

このように1銭以上の変動はよく発生している。
つまり、取引チャンスが多いということだ。

小さな変動幅で取引することのメリット

効率がめっちゃいい

効率がめっちゃいい

数銭ぐらいであれば、だいたいの相場ですぐに動くから、さっさと数銭で利確して、次のトレードに進んだ方がながーくずっと待ってるよりも効率がいい!

ドキドキ負担が少ない

ドキドキ負担が少ない

待っている間が長ければ長いほど、ワクワクしたりドキドキしたりする回数が増えるけど、利確までの時間が短いからそんだけ気楽にトレードできる。

政治経済ニュースを詳しく知らなくてもOK

政治経済ニュースを詳しく知らなくてもOK

相場は常に少なからず上下変動をしているので、常に取引のチャンスはあるんだ。
だから「政治経済が苦手!」って人にもピッタリ。

好きな時間に取引できる

好きな時間に取引できる

どんな時間でも相場は動いてるから数銭程度の利確なら、だいたいどんな場面でもトレード可能。

「ちょっと休憩時間あるし、少しだけトレードしっちゃお」ってな軽い感じでできるから働いていたり、家事に追われていても、自分の生活を基準にしてトレードができる!

他にもメリットはいっぱい。

1回のトレードが、数秒〜数分で終わるから、トレード回数が多くなって、初心者にとっても経験値が稼げて勉強にもなる。
まるでシューティングゲームとかテトリスをしているような感å覚で楽しんでいる人もいるぞ!

でも、ちょっとだけしか稼げないんじゃないの?

以下の条件の場合のトレードをシミュレーションしてみよう。

資金 10万円
取引数量 米ドル円:1Lot(10,000ドル)
利確基準 1銭(利益:100円)
トレード日数 年間240日

1日のうち、1回の取引で1銭の利確を10回行うと、利益100円×10回 = 1,000円となる。
つまり年間240日続けたとすると、

年間利益

・・マジで、銀行に預けてる場合じゃない(笑)

なるほど!と思ったらいいね・シェアして友達に教えてあげよう!